ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.03.03 Tuesday

《『少年は銃を抱く』(3.­27-4.1)キャンペーン 『きみは死んでいる』 期間限定公開!》



《『少年は銃を抱く』(3.­27-4.1)キャンペーン 『きみは死んでいる』 期間限定公開!》

『少年は銃を抱く』にも出演戴く古市海見子&佐々木なふみ出演作(2007)を限定公開!

MUの「ぶっ壊れた学園劇」シリーズの集大成にして最新作、『少年は銃を抱く』(3.­27-4.1)
の公演記念キャンペーン! 第2弾!
動画はこちら→http://youtu.be/c14lpOHG-jA

MUのデビュー作と言っても過言ではない短編集『きみは死んでいる』(2007)。
『少年は銃を抱く』にも出演する、古市海見子&佐々木なふみ。
初期MUから常連として出演戴いてるおふたりの貴重なMUデビュ―作を限定公開。
「ぶっ壊れた学園劇」シリーズの『便所の落書き屋さん』『90%VIRGIN』などy­outuebにて一部公開中!

チケットのご予約、前売は http://www.mu-web.net 
またはお電話にてカンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日10時〜18時)

《『少年は銃を抱く』キャンペーン 先着で過去作品のシナリオプレゼント!》も展開中。
過去のぶっ壊れた学園劇や、過去の短編のシナリオを、ご来場先着150名様にプレゼン­ト!
ご来場者さま一名様につきひとつになります!


当時、野蛮で暴力的な癖に繊細な〜みたいな感想が一番フィットしました。蒼い部分も引っ括めて40分でどこまでやれるかやった、自分にとっての本当の小劇場デビュー作です。遠方の方や、MUを観た事無い方、後追いの方、懐かしい方、どうぞ、御参考に。

新作『少年〜』はもうちょっと砕けてはいますが。笑
暴力的なのに何故品があるのか、その線引きがきっと伝わるかと思います。撮影は最前列で当時(DV)でライブ感満載で撮影してます。僕が。思えばこんときから映画も演劇もやりたくて。こんな形で残ってるんだと思います。(ハセガワアユム)

----------------------------------
2015.3.27(金)- 4.1(水)MU『少年は銃を抱く』

公演情報&チケット予約
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=61448

[introduction]
祖父が戦時中にくすねた銃を、
不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、
それ以上でもそれ以下でもない。

繰り返す。

それ以上でもそれ以下でもない。

MU公式サイト
http://www.mu-web.net/


2014.09.25 Thursday

映画『ミスターホーム』明日26日までです!



という訳で、本日と明日までです。
明日は俳優の古館寛治さん(青年団)がいらして池田総監督とトークします。演劇的にOK過ぎだと思うので、演劇ファンの 方もぜひいらしてください。今夜も俳優の友達が沢山来てくれて、昨夜は次のMUで御一緒する島崎裕気さんとうちの事務所のマネージャーがデスクの女の子を ふたりも連れて来てくれて、ロビーでおじさん嬉ション漏らすかと思った(泣)感謝でございます。本当に。僕もいますのでぜひともお待ちしています〜。

昨晩の吉田光希監督のトークは収穫が沢山で。彼の作品沢山見ようと、ファンになりました。詳しくは↓なので公式フェイスブックのテキスト、まるまる引用しちゃう。

(ハセガワアユム)

-------------------------------------

映画『ミスターホーム』本日入れましてあと2日。今日と明日までの公開です。モーニングも急遽、池田千尋総監督、工藤渉監督、主演・笠島智さんの舞台挨拶もあったようで、ぜひそういうハプニングも楽しんでください。モーニングは客層も幅広く、モーニングならではの秋晴れのなか、映画の「夏の家族たち」の残り香を感じる空気感はぴったりだったりします。

昨夜はは吉田光希監督×池田千尋監督のトークショーが大変好評でした。先日の白石監督とはまた違った視点で、5人の監督が関わっているのに「筋が通っている」という部分を注目されていました。

ほかに吉田監督が注目されてたのは、御自身の『家族X』では形だけで中身がない家族で、この映画は形から家族を求めるけど「シェアハウス」という歪さ。そしてカレーに纏わるラストの新解釈は作り手の想像越えた希望があり、作品とは受け手に育まれるとつくづく思いました。制作者一同驚いておりました(笑)

また最終章の食卓のスリリングさ、シェアハウスだと前提を知らずに観た場合、最初からある宗教の家に見える入れ子構造についてなど、トークは続きました。

本日25日も 11:00〜 21:20〜@新宿K's cinema でお待ちしております。明日26日はレイトショーに俳優・古館寛治 × 池田千尋総監督によるトークショーがあります。

最後に、この『ミスターホーム』がキネマ旬報10月上旬号にとりあげられています!「編集部発コレすごく面白かった!」という巻末です。ぜひこちらもチェックしてみてください。御感想も至る所で流れ始めていてありがとうございます。リピートされている方もいらして嬉しい限りです。あと2日、どうぞよろしく御願い致します。(H)

-------------------------------------

■『ミスターホーム』(2013/日本/70分/HD)

総監督/プロデュース ・池田千尋監督による、全五章からなる「シェアハウスの住人たちのストーリー」

9/20~26 新宿K'sシネマにてモーニング&レイトショー
【上映時間】11:00 21:20 上映

※初日20日(土)11:00~/21:20~ 監督と出演者による舞台挨拶あり
※9月21日(日) 21:20〜 沖田修一監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※9月22日(月) 21:20〜 松永大司監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※23日(火)11:00〜 深井順子さん(劇団FUKAIPRODUCE羽衣・主宰)× 杉田協士 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※9月23日(火・祝)21:20〜 白石和彌監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※24日(水)21:20〜 吉田光希監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※26日(金)21:20〜 古館寛治 × 池田千尋総監督によるトークショーあり

【チケット】
前売りチケット(特別鑑賞券)を新宿K'sシネマ窓口にて販売中!大変お得な1000円にて販売中です。新宿をお通りの際は是非お寄りください。

一般:¥1500
大・高:¥1300
中小シニア:¥1000
K’s cinema (ケイズ・シネマ)03-3352-2471
東京都新宿区新宿3−35−13 SHOWAKANビル3F

【予告編】 http://youtu.be/RuWYEKOJZnY
【公式サイト】 http://mr-ho.me/
※アプリ特別鑑賞券は『スグチケ』で購入できます。詳しくは公式サイトで

【キャスト】
廣末 哲万 笠島 智 田坂 秀樹 小川 ゲン 杉岡 詩織
水澤 賢人 肥後 あかね 渡辺 拓真 松田 彩 船越 繰未 森 優作 山下 ケイジ 裕木 つゆ 井神 沙恵 宮澤 彩 杉本 三千浦 亀石 久徳 宜寿次 奈々 泪野 あゆみ 上野 恭介 藤野 浩章

【スタッフ】
総監督・プロデュース 池田 千尋

第一章監督 長友 考和
第二章監督 ハセガワ アユム
第三章監督 工藤 渉
第四章監督 根本 宗子
第五章監督 池田 千尋

撮影 杉田 協士/音響 黄 永昌/編集 田巻 源太/助監督・照明 平波亘/音楽 SKANK/スカンク(Nibroll)
脚本 池田 千尋 長友 孝和 ハセガワ アユム 工藤 渉 根本 宗子
製作 池田 千尋/ENBUゼミナール

2014.09.20 Saturday

映画『ミスターホーム』初日舞台挨拶!



映画『ミスターホーム』初日舞台挨拶!モーニング終了。次は夜21時20分よりレイトショーでも舞台挨拶します。本編70分なので観やすいですよ。ひさびさに時間おいて観直したのですが、すとんと来ました。この嫋やかなムードはぜひ劇場で観て欲しいです。あ、あとトークショーのゲストが豪華すぎて震えます。↓演劇業界まわりだと、 青年団の古館寛治さんや、深井順子さん(劇団FUKAIPRODUCE羽衣・主宰)が来られます。9月26(金)までですので、お待ちしております!

MU『狂犬百景』に出演して頂く田坂秀樹さん、井神沙恵ちゃんもこの映画で出会えた縁です。
とってもいいですよ!

(ハセガワアユム)
-------------------------------------

■『ミスターホーム』(2013/日本/70分/HD)

総監督/プロデュース ・池田千尋監督による、全五章からなる「シェアハウスの住人たちのストーリー」

9/20~26 新宿K'sシネマにてモーニング&レイトショー
【上映時間】11:00 21:20 上映

※初日20日(土)11:00~/21:20~ 監督と出演者による舞台挨拶あり
※9月21日(日) 21:20〜 沖田修一監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※9月22日(月) 21:20〜 松永大司監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※23日(火)11:00〜 深井順子さん(劇団FUKAIPRODUCE羽衣・主宰)× 杉田協士 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※9月23日(火・祝)21:20〜 白石和彌監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※24日(水)21:20〜 吉田光希監督 × 池田千尋総監督によるトークショーあり
※26日(金)21:20〜 古館寛治 × 池田千尋総監督によるトークショーあり

【チケット】
前売りチケット(特別鑑賞券)を新宿K'sシネマ窓口にて販売中!大変お得な1000円にて販売中です。新宿をお通りの際は是非お寄りください。

一般:¥1500
大・高:¥1300
中小シニア:¥1000
K’s cinema (ケイズ・シネマ)03-3352-2471
東京都新宿区新宿3−35−13 SHOWAKANビル3F

【予告編】 http://youtu.be/RuWYEKOJZnY
【公式サイト】 http://mr-ho.me/
※アプリ特別鑑賞券は『スグチケ』で購入できます。詳しくは公式サイトで

【キャスト】
廣末 哲万 笠島 智 田坂 秀樹 小川 ゲン 杉岡 詩織
水澤 賢人 肥後 あかね 渡辺 拓真 松田 彩 船越 繰未 森 優作 山下 ケイジ 裕木 つゆ 井神 沙恵 宮澤 彩 杉本 三千浦 亀石 久徳 宜寿次 奈々 泪野 あゆみ 上野 恭介 藤野 浩章

【スタッフ】
総監督・プロデュース 池田 千尋

第一章監督 長友 考和
第二章監督 ハセガワ アユム
第三章監督 工藤 渉
第四章監督 根本 宗子
第五章監督 池田 千尋

撮影 杉田 協士/音響 黄 永昌/編集 田巻 源太/助監督・照明 平波亘/音楽 SKANK/スカンク(Nibroll)
脚本 池田 千尋 長友 孝和 ハセガワ アユム 工藤 渉 根本 宗子
製作 池田 千尋/ENBUゼミナール
2014.09.10 Wednesday

映画『ミスターホーム』新宿K'sシネマにて9.20~26、モーニング&レイトショー上映!

 

個人的に去年の夏がパッケージされた映画です。んふふ、実はこのフライヤーの写真を撮影したのは僕だったりして、使われてるの知らなくて後で大感動(笑)笠島智ちゃん、画になるよね。透明感がうまく収まった写真で嬉しい。

演劇界からは私ハセガワアユムと根本宗子ちゃんが参加しています。池田千尋総監督の優しさがつまっています。もちろん第二章『天才詩人』は僕が担当していますから、MUっぽくぴりりとしてますよ。

映像関係で将来的に僕と一緒にお仕事したい、興味がある方、池田監督に興味ある方、繋がれると思いますので。劇場にてお待ちしています。僕もだいたいいますので声かけてください。

前売が1000円とお求め易いので劇場窓口でお買い求めください。整理券の予約はMUファンの方だけ特別にメールでもお受けしますので、件名に「ミスターホーム予約」とお名前と連 絡先、希望日時と枚数を書いて御送りください。こちらは整理券のみで料金は1500円になります。前々日の24時までお受けします。小さな劇場ではあるのでお早めのご購入をお勧め致します。心よりお待ちしています。 muweb.info@gmail.com

『ミスターホーム』公式サイト
http://mr-ho.me/
フェイスブック
https://www.facebook.com/mrhome.movie

(ハセガワアユム)

-----------------------------------------------

■『ミスターホーム』(2013/日本/70分/HD)

総監督/プロデュース ・池田千尋監督による、全五章からなる「シェアハウスの住人たちのストーリー」
9/20~26 新宿K'sシネマにてモーニング&レイトショー
【上映時間】11:00 21:20 上映

前売りチケット(特別鑑賞券):新宿K'sシネマ窓口にて販売中!大変お得な1000円にて販売中です。新宿をお通りの際は是非お寄りください。
K’s cinema (ケイズ・シネマ)03-3352-2471
東京都新宿区新宿3−35−13 SHOWAKANビル3F

【予告編】 http://youtu.be/RuWYEKOJZnY
【公式サイト】 http://mr-ho.me/

【キャスト】
廣末 哲万 笠島 智 田坂 秀樹 小川 ゲン 杉岡 詩織
水澤 賢人 肥後 あかね 渡辺 拓真 松田 彩 船越 繰未 森 優作 山下 ケイジ 裕木 つゆ 井神 沙恵 宮澤 彩 杉本 三千浦 亀石 久徳 宜寿次 奈々 泪野 あゆみ 上野 恭介 藤野 浩章

【スタッフ】
総監督・プロデュース 池田 千尋
第一章監督 長友 考和
第二章監督 ハセガワ アユム
第三章監督 工藤 渉
第四章監督 根本 宗子
第五章監督 池田 千尋
撮影 杉田 協士/音響 黄 永昌/編集 田巻 源太/助監督・照明 平波亘/音楽 SKANK/スカンク(Nibroll)
脚本 池田 千尋 長友 孝和 ハセガワ アユム 工藤 渉 根本 宗子
製作 池田 千尋/ENBUゼミナール

2014.04.26 Saturday

ハセガワアユムが一編監督で参加した、池田千尋総監督オムニバス映画『ミスターホーム』東京初上映!



わたくしハセガワアユムが一編監督で参加した、池田千尋
総監督オムニバス映画『ミスターホーム』、さぬき映画祭を経て東京初上映です! 一軒家のシェアハウスで不思議な家族を形成している大家の話です。

ぼくは同時期に演出してる、小劇場アイドル38mmなぐりーずのライブが被っており、劇場には伺えないのですが、ぜひ見ていただけると。第二章の『天才詩人』という章を担当しており、天才詩人と編集者が田舎のシェアハウスに逃げ込む、という切り口です。池田さんや色んな方にシナリオを褒められたのが、報われた映画です。詩人の部屋に貼られまくった詩たちの、美術も僕です。笑。

ここで出会った監督やスタッフ、キャストとは不思議な連帯が続いて仲がいいのですが、出来上がった、この映画の正体をまだ自分たちでも、たぶんわかってないんじゃないかな。そうだよね? だから、ぜひ感想やご意見お待ちしています。そんでやっと完成する気がする

MUの地下稽古に来てくれる井神さえちゃんも、まだロングヘアーな頃に出演してます。詳しい詳細は↓にて。

4.26 新宿K'sシネマ 19時上映 | LOAD SHOW
http://t.co/gkq6khZqxR http://t.co/MRc73BDmm1

※追記→当日券も完売したそうです、ありがとうございます。
2014.02.20 Thursday

ハセガワアユムが監督で参加したオムニバス連作映画『ミスターホーム』(総監督・池田千尋)がさぬき映画祭にて上映!(2/23)



[僕も監督で参加したオムニバス映画(池田千尋総監督)が、さぬき映画祭2014にて公開]

※写真は僕が撮影したスチールを更に写メったもの(笑)笠島智ちゃん。

2013年、沖縄国際映画祭の『新見的おとぎばなし』、自主映画『ミロール』を経て、池田千尋さんにお誘い戴いた「一軒家をシェアするひとたちのオムニバ ス連作映画」に脚本・監督で一編担当しまして、2/23に、さぬき映画祭で上映されます。ワールドプレミア!この映画祭のディレクターは本広監督だそうで す。

昨年の夏はご存知の通り鬼熱い夏で、ロケ初日にAmazonで俺専用サキュレーターを速攻注文(笑) そのサキュレーターも結局撮影現場に持込んだほど、 燃え尽きるような夏がパッケージされています。出演はENBUゼミ共催の同企画ワークショップで出逢った方たちで、本当みんな仲良くなったよね。演劇演劇 してた俺にとって、去年は映画3つもやれて、相当な刺激でした。

俺が担当したのは第二章の『天才詩人』という、逃げ込んで来た詩人と編集者の話で、「俺ビョーキなんすよね」なんて軽々しく言える切ないマッドさがありま す。キャスト、スタッフのみんなが、俺のシナリオを面白がってくれて、戯曲ばっか書いてた俺としては、それはもう嬉しかった。演劇で培ってきたものが、他 所のジャンルでも通じるって判ったときの感動がどれほどか判るかな。。。池田千尋さんのプロデューサー的視点の意見はとても的確で愛情があって、相乗効 果ってあるんだなと、一塩でした。

僕は会場にいけないのですが、現地近くのみなさまは是非、観てみてください。東京でもいずれ上映すると思います〜。

(ハセガワアユム)

[作品詳細]
『ミスターホーム』
総監督:池田千尋
監督:工藤渉、長友孝和、ハセガワアユム、根本宗子
撮影:杉田協士/録音:黄永昌/助監督・照明:平波亘
出演:廣末哲万、笠島 智、田坂 秀樹、小川 ゲン、杉岡 詩織 ほか

○あらすじ

海沿いの田舎町に建つ日本家屋のシェアハウス。この家には、住人たちから「大家さん」と呼ばれる男がいる。彼が住人たちを管理する大家であり、この家を継いだもの。

天才詩人、その担当編集者、妻から逃げてきた夫、教祖様とその信者たちー、それぞれに事情を抱える住人たちと「大家さん」との家族のような生活は、ある日突然帰ってきた大家の妹・裕子の登場から変わり始める。
それぞれに帰る場所を見つけていく住人たち。家と『家族』を守りたいという大家の願いは次々に乱され、壊れていく。彼が本当に欲しかったものとは……。

全五章からなるシェアハウスの住人たちのストーリー。

さぬき映画祭2014・若手監督特集で上映されます。2月23日!
併映は『立候補』!
http://www.sanukieigasai.com/lineup/film57/index.html


----------------------------------

【MU近々公演情報】MU、完全新作『やっぱり猫が行方不明』で1/28(火)&2/7(金)19:30~ 新宿コントレックス参加!
http://production-mu.jugem.jp/?eid=957150
28日はほぼ完売で終了、追加公演2月7日も盛況にて終了!
ありがとうございました!

シナリオは架空ストアにて電子書籍で販売開始。
http://store.retro-biz.com/list_o153.html 
MU公式サイト
http://www.mu-web.net/

御感想、ツイッターなどで好評戴きありがとうございます。
https://twitter.com/search?q=新宿コントレックス&src=typd&f=realtime

もうまんま同じパッションで大丈夫ですので、演劇クチコミサイト・こりっちも是非御投稿ください!
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=52245

2013.09.30 Monday

MU『欲望』エントリーしました!(15分ノーカット演劇動画コンテスト『QSC2』)



えー、前にちらりと書いた15分ノーカット演劇動画コンテスト『QSC2』に、僕の劇団MUとしてエントリー致しました。15分ノーカットってコンセプトで、「あ、じゃああのグラビアカメラマンのひとり芝居を被写体視点オンリーで撮影しよ」っとのピピピ撮影でした。DIYなのでテク的にお目汚し恐縮ですが。。。まあざっくりとライブ感はありますのと。変な方向に物語が展開するのは MUな感じなのでよろしければ。ちなみに太田守信くんのPVみたいな側面もあります(笑)どうぞ、よろしく!

主催側のエントリーページはただいま作成戴いてますので少々お待ちください。是非先にリンク先の↓youtubeで御覧ください! シェアやいいね、大歓迎です!

(ハセガワアユム)


『欲望』
脚本・演出:ハセガワアユム(MU)
出演:太田守信
協力:和田垣幸生、石澤知絵子、サクラスタジオ
http://www.mu-web.net/

見どころ
「グラビアカメラマンのひとり芝居で、完全被写体の主眼オンリーの15分です。きっと­思わぬ展開に向かって行きますが(笑) 以前執筆したひとり芝居 を、QSCの"15分ノーカット"にインスパイアされて<主眼­のコンセプト>にブラッシュアップしました。画角なども実は伏線になっております。ど­う ぞよろしく御願いします。」(ハセガワアユム)

・劇団サイト http://www.mu-web.net/
・Twitter https://twitter.com/ayumumumu(ハセガワアユム)https://twitter.com/MU_web(MU公式)
・Facebook https://www.facebook.com/pages/MU/147...(MU公式ファンページ)

・次回公演
8月に上演し好評を博した朗読劇『想像』を引っさげて客演致します。
ワーサルシアター企画公演 リーディング公演 みきかせプロジェクト 
『青天井ポップコーン』2013/11/13(水)〜11/17(日)
八幡山ワーサルシアター
出演劇団:ゲンパビ、バジリコFバジオ、MU、楽園王+オクムラ宅

――――――――――――――――――――――――――
◆この動画は第2回クォータースターコンテスト参加作品です。
http://entre-news.jp/2013/10/13246.html
 ◆演劇動画15分一本勝負「クォータースターコンテスト」
http://entre-news.jp/qsc
――――――――――――――――――――――――――




ちなみにこちらの写真は太田守信、再BLOW-UP!となった、まさかの追加撮影というより撮り直し(笑)最高のOKなテイクをとったのですが、大事な伏線が一個すっぽ抜けてて、再度撮影になりました。保険用のサブカメラのアングル。本チャンでは使われない貴重なアングルで、こちらも臨場感あっていいですね。
2013.07.07 Sunday

NOT FOR SALE MILORD 2013



「A MOVIE」はO林先生のあれなんですが、NOT FOR SALEな『ミロール』のDVDですが、サンプル用に焼いていて、余った分を放出致します!!! お値段は1500円、送料込みになります。ご希望される方は、メールの件名に「ミロールDVD希望」と明記して、muweb.info@gmail.com まで「お名前」「送付先住所」「電話番号」を送信してください。後日、こちらから改めて振込口座などお知らせのメールを御送りします。地方の方や、劇場まで来れなかった方、俳優たちのファンの方、また愛すべきMUファンの方、お待ちしています。

【映画】『ミロール』(2013)
出演:斉藤マッチュ、緑茶麻悠、古屋敷悠(MU)、成川知也、小崎愛美理、渡辺まの(MU)、齋出隆宏、森口美香
脚本・監督:ハセガワアユム

10年前の友達を「いま」救えるか?
小さな街で女子高生と教師が飛び降り心中をした。その事件をいまだ引きずる同級生3人の復讐、離婚、仲裁、親密な彼らの本当の姿が浮き彫りになってゆく。明るい歌声なのに、実は娼婦の恋心が描かれるシャンソン『ミロール』のように。 

text hasegawaayumu(MU)

2013.04.23 Tuesday

ハセガワアユム監督・映画『ミロール』、2013.4.28と5.7 新宿K'sシネマにて21:00よりレイトショー(予告編あり!)



多摩川はもう夏なのさ。ということで、『ミロール』撮影、あとワンシーンのみ残して終了。編集は 同時進行でやってるのでこちらも追い込み。4月下旬から5月上旬、GWに新宿Ksシネマで上映。いろんな作品と有り難くカップリングでレイトショー。関 わって頂いたキャスト、スタッフのみなさまに心の底から感謝。写真は、主役の丸田役の斉藤マッチュがカメラを覗く多摩川。もうマジ毎回家帰って即、撮影し たメモリーカードをMacにブッ刺したくなるのが、ほぼ性衝動のようで、危険な日々でした。もうちょっと続きますが、ぜひ劇場でお待ちしています。

ぼくの好きな舞台俳優を映像へ、という目的はこれでやっとやっと始まった気がする。

text hasegawaayumu(MU)

【映画上映】『ミロール』(2013)
出演:斉藤マッチュ、緑茶麻悠、古屋敷悠(MU)、成川知也、小崎愛美理、渡辺まの(MU)、齋出隆宏、森口美香
脚本・監督:ハセガワアユム

10年前の友達を「いま」救えるか?
小さな街で女子高生と教師が飛び降り心中をした。その事件をいまだ引きずる同級生3人の復讐、離婚、仲裁、親密な彼らの本当の姿が浮き彫りになってゆく。明るい歌声なのに、実は娼婦の恋心が描かれるシャンソン『ミロール』のように。 

エンブゼミナール主催・ドロップシネマフェスティバル vol.21 参加作品
2013.4.28&5.7 新宿K'sシネマにて21:00よりレイトショー。
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-13  SHOWAKANビル3F 03-3352-2471 
JR新宿駅東南口より徒歩3分
 MAPはこちら
※チケット引き換えは60分前、入場は10分前より出来ます。全席自由席。
小さな映画館となっておりますのでお早めにご来場下さい。


※4.28
同時上映:『gyu,bye』監督:児玉龍太郎 『別れた彼に会いにいく』監督:佐藤雄久 5.7 同時上映:『男と女と百万円と裸の男』大谷健太郎監督

【ご予約】1200円→1000円で御覧戴けます。
お名前、希望日時(28日 or 7日)、枚数を明記の上、
MU 制作 <muweb.info@gmail.com>までメールにてお待ちしています!
当日券のお問い合わせは
03-5358-5211 (主催・ENBUゼミ)

『ミロール』予告編はこちら!
2013.03.23 Saturday

ハセガワアユムが監督を務めた『新見的おとぎばなし』で沖縄国際映画祭に参加。





[近況]縁あって岡山県で『新見的おとぎばなし』という映画を脚本・監督してました。まだまだ未熟ながら、これで商業的にデビュー作になります。ちなみに主演はあの坂田師匠です。こちらで沖縄国際映画祭に参加する形になります。上は証拠写真のパンフより。下は記者会見の写真ですが、思いっきり見きれて背後霊みたくなっています。笑 
公開されましたら、みなさまぜひご覧になって下さい。和のテイストが現代と折衷されてる御伽話になっています。

「ハセガワアユム監督(34)は「以前訪れた際に市民はシャイだが、大胆という印象を持った。おとぎ話という設定で新見を生かし、誰もが楽しめる作品にしたい」と話した。」って記事です。新見の人もみんな素敵じゃった。相当仲良くなったし(笑)

なんかもう怒濤の日々ですが、すべて自分自身やMUに還元できることばかりなので、邁進かつ精進です。

この「地域発信型映画」は、ほかにも5篇ありまして、他の監督さんたちとの交流もあって、非常に刺激になりました。あの青年団で映像班として所属している深田監督(映画『歓待』など)とか、話があってしょうがなかった。そういう演劇ともニアミスする状況もあり、うん、よかったよかった。

text hasegawaayumu(MU)



→1月2月は岡山と東京を行き来しまっくてました。移動の車のなかは長時間で、宇宙船のなかにいるよう。曽我部恵一BANDの『トーキョー・コーリング』を車内でずーっと聴いてました。これ、アルバムの打ち込みより、こっちのyoutubeのライブの方がずっとよかった不思議な盤(笑) ライブもよかったなあ。ライブの音源出してくれないかなあ。

Powered by
30days Album