ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.12.14 Friday

MU『週末たち』出演者・脚本家、次回出演者情報



MU『週末たち』出演者・脚本家、次回出演者情報(舞台写真付)
撮影:石澤知絵子


『ジャンクション』脚本:冨坂友(アガリスクエンターテイメント)、左から斉藤マッチュ、島田雅之、古屋敷悠、宮田智佳。

■斉藤マッチュ
・20歳の国『花園』
 作・演出 竜史
 2013年1月10日(木)〜14(月)
 @王子小劇場
 http://20nokuni.com/

tangram プロデュース『Give me line』
 脚本 内山陽子
 演出 ハセガワアユム
 出演 斉藤マッチュ ほか
 2013年3月1日(金)〜3日(日)
 @シアターKASSAI

■島田雅之(DART'S)
・カムヰヤッセン『やわらかいヒビ』
 シアタートラム ネクスト・ジェネレーション  vol.5参加作品
 作・演出 北川大輔
 2013年1月17日(木)〜20日(日)
 @シアタートラム
 http://kamuyyassen.daa.jp/

・ユニット名未定『三番目の恋人』
 脚本:広瀬格
 2013年2月22日(金)〜24日(日)
 @乃木坂コレドシアター

・blog『楽園中毒者 〜DART'Sシマダblog〜』
 http://w-steal.dreamlog.jp/

■古屋敷悠(MU)
・森弘治制作映像作品『囚われのケーススタディ』
 2012年12月16日(日)
 愛知芸術文化センターに展示予定。

・短編映画『サイン』 監督 ハセガワアユム
 http://youtu.be/FoT1zayNM8Q

■宮田智佳(トゥフロント)
・blog『宮田智佳のもこもこ便り』にて公演情報更新中
 http://www3.hp-ez.com/hp/tomochan27/page3
・BeeTV『密着、男と女の愛憎・探偵ファイル2』  12月1日~ON AIR

■冨坂友(アガリスクエンターテイメント)
・新宿コントレックスVol.7
 作・演出・プロデュース 富坂友
 2013年1年19日(土)〜20日(日)
 @新宿シアター・ミラクル
 http://www.conterex.agarisk.com


『豆豆しい女』脚本;ニシオカ・ト・ニール、左から須藤真澄、宮田智佳、渡辺詩子。

■須藤真澄
・blog『おすまし手帳』
 http://ameblo.jp/osumashi/

■ニシオカ・ト・ニール(カミナリフラッシュバックス)
・はぶ談戯『みせられて』
 作・演出 穂科エミ
 2012年12月6日(木)〜9日(日)
 @中野HOPE
 http://hub-web.jp/information/vol15/

・熱帯『タイトル未定』
 2013年2月7日(木)〜12日(火)
 @下北沢駅前劇場
 http://www.nettai.jp/

・blog『トニール総長の日記』
 http://blog.livedoor.jp/tonywolf/
 ※毎週金・土・日は、中目黒の秘密の酒場、
 アオコーナーにて勤務していますのでお喋り
 しにきてください。


『暗い日曜日』脚本:西山聡(ブラジル/ローカルトークス) 左から、斉藤マッチュ、渡辺まの。

■西山聡(ブラジル/ローカルトークス)
・ローカルトークスVol.3『40歳からのエクセル教室(仮)』
 作・演出 西山聡
 2013年 夏 @都内某所
 http://localtalks.syncl.jp/

■渡辺まの(MU) 
・短編映画『サイン』 監督 ハセガワアユム
 http://youtu.be/FoT1zayNM8Q
 
・鵺的第六回公演『幻戯【改訂版】』
 作・演出 高木登
 2013年2月20日(水)〜26日(火)
 @下北沢「劇」小劇場
 http://www.nueteki.org/

・映画『賛歌』
 製作 GOLAIKOU 監督 御代田直樹
 2013年春、公開予定

・カットノベル『グッドバイ』
 原作 太宰治 製作 GOLAIKOU
 監督 御代田直樹
 GOLAIKOU HPまたYouTubeにて公開中
 http://golaikou.com/


『こちらN公園管理事務所爆発前』脚本:ハセガワアユム、左から友松栄、渡辺まの、島田雅之、渡辺詩子。

■友松栄
・映画『いま、殺しにゆきます』
 監督 千葉誠治
 2012年12月15日(土)より2週間(レイトショー)
 @ユーロスペース
 http://imayari.com/

■ハセガワアユム
tangram プロデュース『Give me line』
 脚本 内山陽子
 演出 ハセガワアユム
 出演 斉藤マッチュ ほか
 2013年3月1日(金)〜3日(日)
 @シアターKASSAI

・短編映画『サイン』 監督 ハセガワアユム
 http://youtu.be/FoT1zayNM8Q

気になりましたら、ぜひチェックしてみて下さい!

 - MU「少人数での会話劇」第三弾は短編集、『週末たち』2012.12.1-4  at 乃木坂COREDO  満員御礼!御感想お待ちしています -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『週末たち』フライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com

2012.12.09 Sunday

【MU『週末たち』チケット購入特典】 『フリマ』短縮版(上演版)シナリオ、電子書籍のフリーダウンロード開始!



『フリマ』短縮版(上演版)シナリオ、電子書籍のフリーダウンロード開始!期間は12.9~12.19まで。全短編の登場人物がリンクする秘蔵のノーカット版は近日、架空ストアで発売!  

詳細ページはこちらのリンクへ。

※舞台写真は石澤知絵子氏。右より、古屋敷悠、渡辺まの、須藤真澄、そして・・・友松栄。
※「フー」のくだりと、「ビッチだよ」が人気の台詞たちです。
※配布期間が遅れてしまい申し訳ありません。PDFなのでどなたでも閲覧出来る仕様となっています。
※続々と『週末たち』の御感想集っておりますので、まだまだお待ちしています!


こちらのblogで、まだまだ打ち上げ風景などゆるく更新していきます〜。




 - MU「少人数での会話劇」第三弾は短編集、『週末たち』2012.12.1-4  at 乃木坂COREDO  満員御礼!御感想お待ちしています -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
チケット予約フォーム
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『週末たち』フライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com

2012.11.30 Friday

MU、bootleg vol.3『週末たち』12/1初日完売!2〜4日予約受付中!※当日パンフレットより一部抜粋。



御陰様で、MU『週末たち』は、明日の初日完売となりましたが、日曜日以降〜火曜日までと短い期間ですのでぜひお早めにご予約を。他の日程、まだお席ございます。仕上がりも上々ですのでご期待ください。稽古は最後スパークして、横では制作チームがお客様にあげる特典のMIXCDガンガン焼いてます。もう何屋なんだか(笑) 螺旋階段のような、すこしずつリンクする短編たちは連作のようで。リリカルと笑いが混濁する世界。俳優のファンの方は1人二役はやるのでおいしいですよ。

12 / 1(土)19時×(当日券は電話でお問い合わせください) 2(日)14時△/19時△ 3(月)19時▲(残りわずか) 4(火)14時○/19時30分○

そして当日パンフレットに記載しているご挨拶を一部引用します。

「何かが降ってくる、というコンセプトでお気づきでしょうが、『週末たち』は映画「マグノリア」への返答であります。いまの日本に何が降ってくるのか。ぼくはアレが降ってくるくらいでちょうどいいです。そしていつかあの映画に返答しなきゃとずっと思ってた。」

「週末に雨が降ると平日より悲しい。この不況にも関わらず、劇場はシェルターのように毎週末、芝居をやっている。雨が降ると悲しいように、劇場に人が集まるのは嬉しい。ぼくら一瞬だけ、なにかを共有して平日に帰って行く。そんな夜をつくる。」

これがすべてです。そんな夜こそ、パーティーのような、週末の短編集。
劇場でお待ちしています。合い言葉は「乃木坂二番出口右、徒歩ゼロ分」。もう覚えたね。
ずっとあたまでGREAT3の新譜から『綱渡り』がぐるぐるまわってて、あの神々しさに近づきたい。すっっごいくだらないことで笑えたとしても、それは神々しい。

メンバーが3人になってから、ふつうの劇団が三年かけてやるようなことを、この半年で駆け抜けた先のパーティーです。楽しも。

text hasegawaayumu(MU)

 - MU「少人数での会話劇」第三弾は短編集、『週末たち』2012.12.1-4  at 乃木坂COREDO  開演60分前よりフリマも開催! -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
チケット予約フォーム
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『週末たち』フライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com




各短編集のSTORY紹介はこちら!

2012.11.28 Wednesday

[MU『週末たち』(12.1-4)の各短編STORY紹介]



いよいよ、12月1日(土)から始まる『週末たち』は、全5編の短編集です。 各タイトルとあらすじを紹介致します。観劇前にご覧になっても大きなネタバレにはなりませんのでご安心ください。 イメージカットと共にどうぞ! わくわくしちゃうよ。  

[STORY] 各短編タイトル ※順不同、( )内は作家名。 

『フリマ』(ハセガワアユム) 
豆工場がハリケーンで被災した女の子の妄想から始まる、短編集のはじまり。  
 
『ジャンクション』(冨坂友) アカペラグループ・タイニイアリスは内輪もめのなか、辞めた同期と再会することで。それぞれの分岐点に思いを馳せる。  

『暗い日曜日』(西山聡)
喫茶店で二時間待たされても愛想笑いをするOL・美智子。苦い週末の返上を願う、寂しい哀しいおかしいOL物語。

 『豆豆しい女』(ニシオカ・ト・ニール)
「寂しい女の数だけ豆を食う会」の肉食女子コンビが、かわダサジャージ草食女子の部屋へ侵入する。いろいろと実はマメな女たち。  

 『こちらN公園管理人事務所爆発前』(ハセガワアユム)
 週末、深夜の公園で愛を交わすカップルたち。管理人・植松は、自分の聖地である公園の潔癖を守るため、漢の清掃を行なう。
  

<上演時間は、濃い100分>
※各短編を尊重しフライヤー表記・80分より変更になりました。
 
チケットご予約はまだ間に合います。週末だけに週末が売れて来ていますので、お早めに♪

  - MU「少人数での会話劇」第三弾は短編集、『週末たち』2012.12.1-4  at 乃木坂COREDO 前売発売中! 開演60分前よりフリマも開催! -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
チケット予約フォーム
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『週末たち』フライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com

2012.11.01 Thursday

MU『週末たち』公演情報_TOP

 
 

MU『週末たち』
MUが7月より定期的に開始。好評の、バーやカフェでの「少人数公演」シリーズ、第三弾。

公演日:12/1(土)-4(火)
会場:Theater&Company COREDO(千代田線・乃木坂駅 2番出口を出て右隣のビル・B1F)

出演渡辺詩子、斉藤マッチュ、島田雅之(DART'S)、須藤真澄、渡辺まの(MU)、古屋敷悠(MU)、宮田智佳(トゥフロント)、友松栄

脚本:ハセガワアユム(MU)、ニシオカ・ト・ニール(カミナリフラッシュバックス)、冨坂友(アガリスクエンターテイメント)、西山聡(ブラジル/ローカルトークス)
演出ハセガワアユム(MU)

出演者&関係者一同の
ツイッター(リスト)はこちら!
※画像は表記順です!




[コンセプト]
MUでは本公演とは別ラインで、劇団を身軽にし、演劇をより身近に、ときには実験的に、とバーやカフェで定期的・月毎などで公演を行います。第一回『MY SWEET BOOTLEG』(7.23-31)、第二回『いつも心だけが追いつかない』(12.1-4)と好評を重ねて来ました。

お酒など片手にリラックスしながら観劇しつつ、「少人数による会話劇」を観客が密接することで、ゆったりと大切な夜になる公演を目指します。第一回めより、開場中にフリーマーケットを展開し、チケットにシナリオをつけるなど遊び心を胸に開催しています。

当公演は満を持しての「少人数で会話劇」シリーズ第3弾!
豪華脚本家陣を招いての短編集です!

[STORY]

何かが降って来る「週末」を描いた短編たちを、ドローイングするようにパッケージ。
短編ごとの詳細は近日発表。

[TIME]
12/
1(土)19:00
2(日)14:00
2(日)19:00
3(月)19:30
4(火)14:00
4(火)19:30

上演時間は、濃い100分>
※各短編を尊重しフライヤー表記・80分より変更になりました。

[TICKET]
チケット予約フォーム(PC)
チケット予約フォーム(携帯)
前売自由席:2700円(短編ひとつ、電子書籍シナリオ付)
前売指定席:3000円(短編ひとつ、電子書籍シナリオ)
当日券:3300円(短編ひとつ、電子書籍シナリオ付)
■ 前売券ご購入、先着50名様にMIXCDをプレゼント!
■ 通常の書籍版シナリオも会場でも販売致します。

※指定席は「最前列」や「後方のテーブルのある席」など自由に選べます。
※開場・当日券の受付は開演の「60分前」。通常の劇場公演時より開場時間が早くなっております。
※BARですので開場中などお酒やお食事が楽しめます。ほとんどのメニューがワンコイン(500円)です。
※今回もMUゆかりの品々を揃えて、開場中にフリマを開催! 
DVDやシナリオ、ポスター、Tシャツ、古着、古本、CD、etc...

演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援をお待ちしています!

  - MU「少人数公演」第三弾、『週末たち』2012.12.1-4  at 乃木坂COREDO 前売発売中! 開演60分前よりフリマも開催! -

公演情報TOP(タイムテーブル、会場、フライヤーなど)
チケット予約フォーム
出演者&関係者一同のツイッター(リスト)
→『週末たち』フライヤー(表面裏面

facebook (blogより頻繁に制作陣が入り乱れて更新してます!ちょっとカオスですがおすすめです)
演劇口コミサイト「CoRich!」にて「観たい!」の応援、「観て来た!」感想をお待ちしています!

ハセガワアユムの日記(webDICEにて連載中)
MU公式サイト(動画やポッドキャストなども充実!)

[公演に関するすべてのお問い合わせ]
主催・制作 MU制作 080-3204-7066 
muweb.info@gmail.com

→前回公演『いつも心だけが追いつかない』のダイジェスト動画はこちら!
→前々回公演『MY SWEET BOOTLEG』のダイジェスト動画はこちら!
共に、会場はおなじCOREDOです。




各短編タイトル※順不同
『フリマ』(ハセガワアユム) 
『ジャンクション』(冨坂友)
『暗い日曜日』(西山聡)
『豆豆しい女』(ニシオカ・ト・ニール)
『こちらN公園管理人事務所爆発前』(ハセガワアユム)


いよいよ、12月1日(土)から始まる『週末たち』は、全5編の短編集です。 各タイトルとあらすじを紹介致します。観劇前にご覧になっても大きなネタバレにはなりませんのでご安心ください。 イメージカットと共にどうぞ! わくわくしちゃうよ。  

[STORY] 各短編タイトル ※順不同、( )内は作家名。 

『フリマ』(ハセガワアユム) 
豆工場がハリケーンで被災した女の子の妄想から始まる、短編集のはじまり。  
 
『ジャンクション』(冨坂友) アカペラグループ・タイニイアリスは内輪もめのなか、辞めた同期と再会することで。それぞれの分岐点に思いを馳せる。  

『暗い日曜日』(西山聡)
喫茶店で二時間待たされても愛想笑いをするOL・美智子。苦い週末の返上を願う、寂しい哀しいおかしいOL物語。

 『豆豆しい女』(ニシオカ・ト・ニール)
「寂しい女の数だけ豆を食う会」の肉食女子コンビが、かわダサジャージ草食女子の部屋へ侵入する。いろいろと実はマメな女たち。  

 『こちらN公園管理人事務所爆発前』(ハセガワアユム)
 週末、深夜の公園で愛を交わすカップルたち。管理人・植松は、自分の聖地である公園の潔癖を守るため、漢の清掃を行なう。
  
Powered by
30days Album