ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CAST 紹介 中川智明 | main | CAST 紹介 渡辺裕也 >>
2007.06.03 Sunday

CAST 紹介 平間実貴


平間実貴 hirama miki

所属:フリー
1月19日生まれ 北海道出身


22歳の時に北国で一度廃人になる。二ヶ月位ひきこもってた時期にケーブルTVで野田秀樹と大人計画に感銘を受ける。その後上京。小劇場で活動。

初舞台はハセガワアユム演出の『メアリー』で、しかもオーディションを経ていきなり主役という縁もあり、MU前回公演『ミロール』に引き続き本公演も出演。『ミロール』では呪われた同窓生を救う会を発足する、三児の子持ち榊原育枝役を演じ、はらぺこペンギンの園田裕樹演じる丸田と淡い恋をチラつかせながら好演した。

■主な出演作
カプリコ『メアリー』@こまばアゴラ劇場(2002/3)彼岸『美しき天然』@新宿シアターブラッツ(2003/1)彼岸『ポンコツの穴』@新宿サニーサイドシアター(2003/7)ラブドクロアート『メイド・イン』@シアター・バビロンの流れのほとりにて(2004/2)荒野『愛され作戦』@新宿サニーサイドシアター(2005/5)荒野『沈める日』@神楽坂ディプラッツ(2006/2)荒野『みとれる』@池袋小劇場(2006/8)


→『きみは死んでいる/その他短編』公演情報TOP
→http://www.mu-web.net/
→CAST紹介一覧(14人全員観れます!)

■好きな短編ベスト3&ハセガワアユムからのコメントはこちら↓

<好きな短編ベスト3 text 本人>

『棒がいっぽん』高野文子(小説)
「ココロを浄化したい時に読みます。一番苦手だけどやっぱり人間が好きだと改めて実感する幾つかの瞬間に、高野文子はやっぱりいる。」
『BARK AT THE SUN!』V.A.(CD)
「太陽にほえろのリミックス盤。朝本浩文・スカパラの冷牟田さん・変態藤井麻輝などが参加。何はともあれ硬派な格好良いアレンジばかり。こんな音の男性が平成にはもっと必要なんじゃないでしょうか。」
『やりすぎコージーDVD-BOX』(DVD)
「近年のバラエティでは「やりにげ」共にぶっちぎり単独1位の不可欠番組。人生ベストバラエティ最終的にもトップ3内に入る予定。お薦めは「ヤンキー烈伝×ビンボー烈伝」とお馴染み「芸人都市伝説」。そしてアンチ・下ネタの私も諦めた「天王洲猥談」。」


<出演への経緯 text hasegawaayumu>
MU『ミロール』で4年ぶりの邂逅(大袈裟な響き)を経て、トゥーマッチな感触で手応えを感じつつ、彼女が僕の戯曲に反応してくれた「センチメンタル」な部分などをもっと突き詰めたくてオファーしました。前回は色んな意味で序章として相応しかったので、今作は「痛い女」「女子高生バンドのベース」など演じてもらいます。

実貴ちゃんはぼくの書くキーワードに弱いらしく前回だと「魔法」と「呪い」、今回は「穴」と「×(罰)」両方グッと来るみたいです。頼もしい。

この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album