ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< この映画の中でまた会おう。Milord the film 2009.3.28&29 | main | 『JUMON(反転)/便所の落書き屋さん』通称J&B(笑)の稽古開始です! >>
2009.04.01 Wednesday

『JUMON(反転)/便所の落書き屋さん』公演情報_TOP


MU presents double knockout short stories vol.2
ー 「定番」と「挑戦」の両A面公演、再び ー

『JUMON(反転)/便所の落書き屋さん』
2009.5.26-31 at 渋谷ギャラリールデコ4F(MAP)

All Scenario&Direction ハセガワアユム (MU) 
CAST 佐々木なふみ(東京ネジ) 小林タクシー(ZOKKY成川知也 印宮伸二(劇団神馬) 浜野隆之(下井草演劇研究舎) 坂本健一 宍戸香那恵(ユニークポイント長岡初奈チャリT企画清水那保DULL-COLORED POP) 小野哲史(箱庭円舞曲
出演者個人のblogはこちら

5月26日(火)19:00※初日はMU恒例のオープニングパーティーあり(前回のパーティーの様子はこちら)
27日(水)19:30
28日(木)19:30
29日(金)19:30
30(土)13:00・16:30・19:30
31日(日)13:00・15:30 
全9ステージ

※開場は開演の20分前・当日券発売は30分前
上演時間は110分前後を予定しています(50分前後×二編+休憩10分)
前売2500円/当日2800円
前売チケット4/1発売!web予約フォームPC用携帯用Gettii
【簡単&便利】電話で予約・セブンイレブンで購入OK!→Tel:03-5215-1903 (カンフェティチケットセンター)

販売期間:4/1〜5/23(10:00〜18:00・平日のみ)
土日祝日の取り扱いは、MU制作→Tel:070-5658-5465(10:00〜22:00) 
※留守番電話に繋がった際は「公演名、日時、お名前、枚数」をお伝えください。折り返し「払込票番号」をお伝えしますので、予約期間内(2日以内)にセブンイレブンの店頭レジにてお求めください。

■制作&稽古日誌→MU-blogにて最新情報を随時更新中 (まずはここをチェック!)
演劇"口コミ"サイトCoRich!にも登録中。「見たい!」欄に投稿など応援よろしくお願いします。 hot!
■出演者のblog→MU-LINK(裏話など遠慮なく更新中)
■御参考までに前回公演のインタビュー動画→vol.1(足利彩×川本喬介・10/27 up)、vol.2(岡田 あがさ×永山智啓・11/26 up)
&過去公演のダイジェストなどmumumutubeにて2500アクセス突破中。hot!
■Flyer→「逆さま注意」のニクいヤツは都内各劇場にて配布中
…拡大サイズ→表面裏面 →ハセガワアユムの解説
『贅沢な妥協策』website内のネットラジオに、ハセガワアユムがゲスト出演してます(新作についても語ってます!) NEW!
■東京を愛するハセガワアユムが愛する東京のフリーペーパー『TOKYO HEADLINE』5月25日発行号にMUが掲載されてます!
■『JUMON/BENJYO』STORY&CAST紹介(あらすじと配役を公開!) NEW!

■PRESS シアターガイドweb(雑誌6月号)/Confetti(冊子6月号)/演劇ぶっく/CoRich!演劇ライフTokyo Art NavigationwebDICETOKYO HEADLINE(5月25日発売号)/

STAFF 宣伝美術=イシイマコト [united.] フライヤー・舞台写真撮影=石澤知絵子 照明デザイン=元吉庸泰(エムキチビート) DJ・撮影=福原冠(国道58号戦線)制作協力・当日運営=林みく(karte) 企画/制作=MU

【お問い合わせ】
MU制作:070-5658-5465 info@mu-web.net site→www.mu-web.net
※出演者及びハセガワアユムへのオファーなども全てはこちらへお願いします。

※折込希望の団体様へ→今回はConftiiへ委託しておりますのでこちらからお申し込み下さい。
------- introduction(解説) -----------


「新しいバンド組みました」(ハセガワアユム)


【double knockout short stories back!】

たった8人で全10ステージをソールドアウト。賑やかなオープニングパーティー。「定番」と「挑戦」で挑んだ前作の両A面公演で、MUがすっかり気に入ってしまった"ギャラリー公演"。バンドのような少人数の密度と熱をそのままに「double knockout short stories vol.2」と称し、同じ場所、同じ月末、同じ一週間で再び短編を二本上演します。

『 JUMON(反転)』

08年1月に『愛の続き/その他短編』で上演され、MU独特の共同体を象徴した『JUMON』は、世田谷のハーレム一家を舞台に「新しい愛の形」を描く。再演の声も多く、前作の『戦争に〜』引き続き、男女の性別を"反転"したバージョンとなる。ただの性別の反転では無く物語後半をすべて改稿して上演。初演を見た方にも全くの新しいものとして登場します。(初演時上演データはこちら)

『 便所の落書き屋さん 』

N市の大きな公園にある有料トイレで暮らす高橋君の存在は、ネカフェ難民を超えた、トイレ難民の誕生でもあった。グラフティが発端で街がスラム化していくように、高校中退を余儀なくされた彼の魂がスラム化してゆく短編。完全新作。「定番」と「挑戦」の両A面公演、再びです!


【 TOPICS 】

前回大好評だったオープニングパーティーは、今回も初日に開催!

◆『便所〜』(なんという略名)は、割られたミスチルのCDが街中にバラまかれる『90%VIRGIN』、小学校を爆破しようとした『5分だけあげる』の延長線上の世界観で、MU・十八番の"ブッ壊れた学園モノ"黄金律のシリーズです。

◆前回公演のアイコンとして足利彩嬢がフライヤー、web、ポスターと駆け巡りましたが、今回は東京ネジの佐々木なふみ嬢をフィーチャー。あらゆる媒体での彼女の登場をご期待ください。
(前回公演TOP・フライヤーなどはこちら)

..............続々とTOPICSを更新していきます!

「出演者たちの好きなカルチャー教えて!」の切り口と一緒にTSUTAYAでわいわい撮りおろした、CAST紹介の動画と写真もUPして行きます!お楽しみに!

--------------

[NEWS1]
MU、次次回公演は9月新宿シアターモリエールに進出。東京にグラインドハウスを創ります。キーワードは”double knockout LONG stories”。幻の作品となっていたハセガワアユムの未公開の作品を完全リメイク。『神様はいない』&『片想い撲滅倶楽部』の二本立て。タイトルからして既にパンクでシック。ご期待ください。

[NEWS2]
MU初期の短編、下北沢のBARをシャンソンカフェとしてジャックした『ミロール』が、なんとMU初の映画化。3/28、29に下北沢トリウッドにて上映。頃安祐良監督の手によって大胆なアレンジで映画化。第4回三代川達上映会参加作品。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
『JUMON(反転)/便所の落書き屋さん』OUTRO企画(公演後のお楽しみ)
[MENU]◆登場人物相関図(図?)図にはなってないかもしれないけど、登場人物および俳優紹介。◆恒例のハセガワアユムによるセルフライナーノーツ。『呪文を信じ続けるかい?』『便所の壁に落書きをしてしか生きて来れなかったのは人たちとは、あなたたちことだ』◆
  • MU-blog
  • 2009/07/15 3:07 AM
Powered by
30days Album