ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天啓はご近所から | main | 不況 >>
2009.07.22 Wednesday

『神様はいない』/『片想い撲滅倶楽部』公演情報_TOP

MU presents double knockout LONG stories
ー 東京にもグラインドハウスがあった? 長篇二本同時上演 ー

『神様はいない』/『片想い撲滅倶楽部』
2009.9.10-13 at 新宿シアターモリエール(MAP)
All Scenario&Direction ハセガワアユム (MU) 


『神様はいない』
[出演]
小林至双数姉妹寺部智英拙者ムニエル長谷川恵一郎くろいぬパレード
杉木隆幸 橋本恵一郎 芦原健介 カトウシンスケ、、ぼっち足利彩

[STORY]
老舗の蕎麦屋で働く真面目な外国人留学生が、自爆テロを企んでいる日常。
蕎麦屋一家が一丸となって止めるも、誰も彼のなかの神様を否定出来ない。
蕎麦屋で進行する完全な密室劇は、胸がざわざわするハートウォーミングストーリー。



『片想い撲滅倶楽部』
[出演]
堀川炎世田谷シルク)、佐々木なふみ東京ネジ)、石川ユリコ拙者ムニエル)、
辻沢綾香双数姉妹)、大久保ちかFuncAScamperS009)、川本喬介はらぺこペンギン)、
浅倉洋介風琴工房)、松下幸史動物電気/乱雑天国)、元吉庸泰エムキチビート)、成川知也

[STORY]
"片想い撲滅キャンペーン"をスローガンに掲げて営業利益を上げていた、ある街の結婚相談所。
そこの女社長は「縁結びの神様」と呼ばれている女性を密かに飼っていた・・・。
女社長が恋愛への明るい復讐を謳歌する、嗚呼、人畜有害騒動劇。


[ticket]
前売3000円/当日3500円 全席指定席
2公演共通セットチケット5000円(数量限定)

前売チケット8/1発売!

9月10日(木)20:00 [神様]
9月11日(金)20:00 [片想]
9月12日(土)14:00 [神様]
9月12日(土)19:30 [片想]
9月13日(日)14:00 [片想]
9月13日(日)18:00 [神様]

○=まだお席がございます △=お早めにどうぞ ▲=座席残り少ないです ×=予約枚数終了 

※開演時間が作品別に不規則になっておりますので、ご注意ください。
※開場は開演時間の30分前、当日券受付は開演時間の60分前。
※上演時間は80分前後を予定。
※見易いお席から販売しますので、お早めの御購入をおすすめします。


【web予約フォーム】
『神様はいない』→PC用携帯用Gettii
『片想い撲滅倶楽部』→PC用携帯用Gettii
※セットチケットは両方のフォームからお好きな日程を選んでお申し込みください。

【簡単&便利】電話で予約・セブンイレブンで購入OK!
→Tel:03-5215-1903 (カンフェティチケットセンター)

販売期間:8/1〜9/5(10:00〜18:00・平日のみ)
土日祝日の取り扱いは、MU制作→Tel:070-5658-5465(10:00〜22:00) 
※留守番電話に繋がった際は「公演名、日時、お名前、枚数」をお伝えください。折り返し「払込票番号」をお伝えしますので、予約期間内(2日以内)にセブンイレブンの店頭レジにてお求めください。

■制作&稽古日誌→MU-blogにて最新情報を随時更新中 (まずはここをチェック!)
出演者個人のblogはこちら(裏話など遠慮なく更新中)
■演劇"口コミ"サイトCoRich!にも登録中→『神様はいない』『片想い撲滅倶楽部』「見たい!」欄に投稿など応援よろしくお願いします。 hot!

[interview]
■御参考までに前回公演についてのインタビューでハセガワアユムが出演したネットラジオ番組"贅沢電波三昧"(15分×2篇)喋り倒してます!hot!
前々回公演のハセガワアユムの"濃い"ロングインタビュー(テキスト)記事。
前々回公演のラフかつ魅力的なインタビュー動画→vol.1(足利彩×川本喬介・10/27 up)、vol.2(岡田 あがさ×永山智啓・11/26 up)
■過去公演のダイジェストなどmumumutubeにて2700アクセス突破中。hot!

[Flyer]
2種類もあるシンメトリーなイカすやつは、7月より都内各劇場にて配布中。
…拡大サイズ→『神様はいない』表面裏面 『片想い撲滅倶楽部』表面裏面 →ハセガワアユムのデザイン解説

[PRESS]
シアターガイドweb(雑誌9月号)/Confetti(冊子9月号)/演劇ぶっく"えんぶ情報館"/『神様はいない』『片想い撲滅倶楽部』/演劇ライフ『神様はいない』『片想い撲滅倶楽部』Tokyo Art Navigation/webDICE『神様はいない』『片想い撲滅倶楽部』/TOKYO HEADLINE(掲載希望)前回公演は5月25日発行号掲載

[STAFF] 
舞台監督:松澤紀昭 照明:河上賢一(La Sens)  音響:佐藤春平 舞台美術:袴田長武+鴉屋 演出助手:浜松ユタカ(動物電気) 宣伝美術:イシイマコト [united.] フライヤー・舞台写真撮影:石澤知絵子 制作協力:林みく(karte) 企画/制作:MU

[お問い合わせ]
MU制作:070-5658-5465 info@mu-web.net site→www.mu-web.net
※出演者及びハセガワアユムへのオファーなども全てはこちらへお願いします。


※折込希望の団体様へ→今回はNEXTへ委託しておりますのでこちらからお申し込み下さい(8/10より受付開始・9/1前後納品〆切)

------- introduction(解説) -----------


「東京にもグラインドハウスがあった?」


東京発、長篇二本同時上演。

タランティーノが再提唱したグラインドハウスに敬愛を込めて、
長篇二本を同劇場にて交互に上演。

キーワードは”神様”。
片方の作品には神様がいなくて、
もう片方の作品には神様がいる。

完全に幻となっていたハセガワアユムの過去の作品たちを、
いまセルフリメイク。


※グラインドハウスとは、エクスプロイテーション映画や尖ったB級映画などを2〜3本立てで上映していたアメリカの映画館のこと。本作は、そのスピリッツを受け継いでいる。youtubeの動画はタランティーノが2007年に大成功を納めた『デス・プルーフ』&『プラネット・テラー』の予告編。



◆「定番」と「挑戦」。「戯曲」と「俳優」。ギャラリーという密接な空間で裸一貫で勝負して来た両A面短篇公演"double knockout short stories"シリーズは、演劇ポータルサイトCoRich!でも「注目の公演」第一位を二連続でKeepするなど、短篇でギャラリーでやる意義をがっちりと証明。(満員御礼・オ−プニングパーティーも大盛況!)

掴んだエネルギーをそのままに、再び一年ぶりに劇場へ。「double knockout LONG stories」と称して、前代未聞の両A面"長篇"公演を上演します!MUが自信を持ってセレクトした、いま熱くて濃い俳優たちが贈るフェスのような"濃い"四日間。ご期待ください。

..............続々とTOPICSを更新していきます!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
レビューマガジン・wonderland(ワンダーランド)に『神様はいない』/『片想い撲滅倶楽部』の劇評が掲載!
小劇場演劇、ダンス、パフォーマンスのレビューマガジン『wonderland(ワンダーランド)』に、MU『神様はいない』/『片想い撲滅倶楽部』両作品の劇評が掲載されました。 <「ビジネス」と「演劇」貫く世界の肯定>と題されて、鵺的というユニットを主宰され、脚本
  • MU-blog
  • 2009/11/18 12:05 AM
『神様はいない』/『片想い撲滅倶楽部』STORY、CAST、RECOMMEND紹介
『神様はいない』 愛 ★ 戦争 ★ 平和 ★  <STORY> 老舗の蕎麦屋・澤田屋に二階では、「受賞歴無し」「重刷無し」「トラウマ無し」の小説家・澤田キリコが打ち合わせを無視した作品を上梓しようとしていた。同じく一階では、長男である信一が新興
  • MU-blog
  • 2009/10/26 1:34 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/09/11 8:50 AM
Powered by
30days Album