ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MU『少年は銃を抱く』千秋楽(エイプリルフール)まで完売。当日券出します。 | main | MU『少年は銃を抱く』全ステージ終了しました。 >>
2015.04.01 Wednesday

エイプリルフールに『少年は銃を抱く』は千秋楽(完売・当日券若干あり)

 

『少年は銃を抱く』本日エイプリルフールに嘘のように終わります。表現や作品は感想や批評により、答え合わせに終わらず作り手の無意識まで見つけ出す。刺激的な感想沢山あり嬉しいです。あなたが感じた全部正解。あなたの正解が聴きたい。

感想や意見をわいわいやれるのが贈りたい作品の理想。あーよかった、で劇場出たら忘れるようなものではなく。あなたの机の引き出しに銃をしまっておいたの で好きなだけドキドキしてくれたら嬉しい。「あたまのなかでブスを射殺してから起きてる」って台詞が書けるのは俺だけだし泣けるのもMUだけ。そして心から好きな座組も本日で終わりです。

4/1 19時から下北沢駅前劇場 30分前から当日券受付。キャンセル待ちですが、何気に当日券の方は入れるケース多いので、諦めずとりあえず劇場までお越し下さい。

そして敬愛する演劇ジャーナリスト・徳永京子さんから感想ツイートが上がっていたので恐縮ですが転載致します。

「MU『少年は銃を抱く』,舛腓辰閥辰くらいおもしろかった。21人の登場人物と登場しないひとりのミュージシャン全員の世界観がそれぞれきっちりあっ て、しかもそれが、見事に省略された会話で伝わる。そのグループ内でしか流通しない言葉とグルーヴなのに、観客がわかるまでの時間の短さ。見事。」

「MU『少年は銃を抱く』140分が長く感じない。3幕の教員は俳優がみんないい。若者役では齋藤マッチュと小園茉奈が◎。登場しないミュージシャンのア ルバム、作・演出のハセガワアユムの脳内では、せりふに出て来ない曲も含めて出来上がっているんだろうな。今日19時が千秋楽、下北沢・駅前劇場」

何を目標とするかはその作家・演出家の自由ですが、少なくともセンスやテキストを信頼している方の笑顔が見れることは、僕の目標でもあります。

最近、ひとつひとつ目標が叶っていることが嘘のようで、でもまだまだ目標もあります。おっさんだし、銃も無いので、気を引き締めて粛々と千秋楽に挑みます。
どうぞ、どうぞ、最後まで。よろしくお願い致します。

(ハセガワアユム)

御感想たくさん戴き、このうえない感謝です。
ネタバレとか遠慮せず、ツイッターは【ネタバレ】と最初に書き込み戴ければ大丈夫かと思われます。
今回は御感想のアンケートを挟んでおりません。まだまだお待ちしております。お好きなところでどうぞ。まだまだお待ちしております。

御感想まとめ→http://togetter.com/li/800523
CoRich!→http://stage.corich.jp/stage_done_detail.php


追伸>道ばたで女が鼻血垂らし寝てる。 劇中の選曲にも意味があり。MVはリピートでニクい演出。 Father John Misty - Hollywood Forever Cemetery Sings :



----------------------------------

【チケット全ステージ完売!当日券御用意します】

MU『少年は銃を抱く』 2015.3.27(金)- 4.1(水)下北沢駅前劇場

公演情報詳細(出演者、地図、チケット料金など)

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957213

パンフレットよりご挨拶転載、あらすじ、登場人物紹介など

http://production-blog.mu-web.net/?eid=957245

チケット予約フォーム(当日券も販売致します)

https://ticket.corich.jp/apply/61448/

カンフェティチケットセンターでも販売中
0120-240-540(平日10時〜18時)セブイレブン発券

御感想をまとめております!

http://togetter.com/li/800523

またCoRich! 舞台芸術!「見たい!」のコメント集っております
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=61448

[introduction]
祖父が戦時中にくすねた銃を、不登校の少年へ分配する。
これはお守りであって、それ以上でもそれ以下でもない。
繰り返す。それ以上でもそれ以下でもない。

銃を持つつもりじゃなかった、少年と少女たちの物語。

[MU公式サイト]
http://www.mu-web.net/

フェイスブック(更新頻度高めです!)

https://www.facebook.com/pages/MU/147282972040550

稽古場・制作日誌 MU-blog

http://production-blog.mu-web.net/

ツイッター(MU公式)

https://twitter.com/MU_web

[主催・問い合わせ]
MU制作 070-5374-7969
muweb.info@gmail.com
info@mu-web.net
劇場:03-3414-0019 (公演期間中)

----------------------------------


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album